京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

教員紹介

教員紹介

上田恵介 先生

上田恵介 先生

附属治療所長

東洋医学臨床論

東洋医学概論Ⅱ

経絡治療

鍼灸実技Ⅲ

在学中の限られた時間の中で皆さんに身につけてほしいことは、”基礎”です。基礎ができていれば「型」ができます。「型」ができている人がさらに飛躍するため型を破ることを「型破り」と言い、型がない人が型を破ることを「型無し」と言います。学校ではしっかりと基礎を身につけてください。いつしか自ら型を破り飛躍していく、そんな学生を育てたいと思っています。

金井優也 先生

金井優也 先生

病理学

鍼灸実技Ⅰ

鍼灸師という職業は「人の身体に触れる」職業です。 知識・技術を習得するには反復して練習することが必須になります。 本校では反復して勉強する環境が整っています この3年間で治療に役立つ知識・技術を学んでいきましょう。

佐藤陽子 先生

佐藤陽子 先生

広報課長

東洋医学概論Ⅰ・Ⅱ

経絡治療理論

マッサージ実技Ⅰ

実技科目・講義科目とも、基礎という土台の上に応用力が築かれていきます。3年間の学びの中で確実な基礎力を身につけていただきたいと思います。2年生から始まる臨床実習では、授業で培った基礎力を臨床の現場で活用でき、医療人に必要な人間力を養うこともできます。人間性豊かな医療人を目指し、一緒にがんばっていきましょう。

下宮啓佑 先生

下宮啓佑 先生

解剖学Ⅰ

鍼灸総合実技Ⅰ

あん摩・マッサージ・指圧・鍼・灸施術には、知識・技術はもちろん患者様とのコミュニケーションが大切だと考えております。本校ではしっかりと基礎を固め、臨床実習という授業で実際に患者様と接し、施術する機会を設けています。基礎力、応用力、コミュニケーション力を身につけた、思いやりを持った臨床家になりましょう。 しっかりとサポートさせていただきます。

高橋佑輔 先生

高橋佑輔 先生

経絡経穴概論

医療の歴史

取穴実技

鍼灸実技Ⅰ

京都仏眼では臨床実習の時間がとても豊富であり、現代医学的知識と東洋医学的知識の二つが必要となります。本校では、その二つの知識をスローラーニングで学んでいき、臨床実習や卒業後、即戦力となる人材になれるよう教員がサポートしていきます。歴史と伝統のある本校で一緒に頑張っていきましょう。

中嶋邦統 先生

中嶋邦統 先生

図書担当主任

医療倫理

解剖学Ⅱ

本校では、東洋医学と西洋医学の2つの学問を学びます。特に、東洋医学を身につけるには、先人の知識や技術を知ることが大切です。当校の図書館にはすでに絶版された本や他校ではなかなか閲覧できない古書が多く収められていますので、入学された際は訪れてみてください。

西田みずほ 先生

西田みずほ 先生

はりきゅう理論

鍼基礎実技

灸基礎実技

臨床実習の時間が豊富で、患者さんに触れる機会がとても多いため、卒業時には患者さんとのやりとりがスムーズに行えるレベルに到達することができます。また昼間部と夜間部の間の時間は実技練習を行うことができ、他の学科とも交流しながらスキルアップが可能です。学校には常に就職情報が掲示してあり、就職先の検討も容易に行えます。卒業後すぐに実践的に働きたい方にはオススメの学校です。

舟木宏直 先生

舟木宏直 先生

鍼灸教務課長

臨床医学各論

医療の歴史

鍼灸実技Ⅰ

課題研究

本校では、学ぶ過程を大切にする「スローラーニング」に力を入れています。例えば、経穴の実技では体表上の経穴の位置を確認するだけでなく、その下にある骨や筋肉をしっかり確認し基礎を身に着けます。基礎をしっかりと学ぶことは、伝統医療的にも現代医療的にも応用出来る知識となります。本校にて基礎を応用に変える力を身に着けて行きましょう。

前田朱美 先生

前田朱美 先生

東洋医学概論Ⅱ

鍼基礎実技

灸基礎実技

治療家として活動するには、基礎がとても重要です。まずは知識・技術など、基本をしっかりと身につけられるよう指導を心がけています。実技授業や臨床実習が充実していることで、技術の基礎だけでなく、応用へと結びつけるきっかけになっています。また、在学生だけでなく、卒業生に対しても同窓会を中心に卒後研修なども開催しており、卒業後の技術・知識の向上にも力を入れています。

松尾卓 先生

松尾卓 先生

本選教務課長

医療倫理

物理療法

あん摩実技Ⅰ

京都仏眼では、専門性の高い学びとそれをサポートする担任制を採用しています。幅広い年齢層のクラスメイトとともに、着実に成長することができます。「体験型臨床実習」では、少なくとも2桁の患者さんを相手に実習することができ、自信と実力を身につけられます。「基礎から徹底的に、でも楽しく学ぶ」という姿勢でがんばりましょう。

棟居清峰 先生

棟居清峰 先生

庶務課長

東洋医学概論Ⅰ

取穴実技

鍼灸実技Ⅰ

現代医学だけでなく、東洋医学もしっかり学べる京都仏眼。人と自然は一体であるといった東洋医学的視点も養ってほしいと思います。また本校では担任制度があることも大きなメリット。最初は不安でわからないことばかりかもしれませんが、そこは教員がしっかりサポートします。 「患者さんの健康に寄与する」という「熱い思い」をお待ちしています。

森一也 先生

森一也 先生

学生運営課長

生理学Ⅱ

解剖学Ⅱ

神経解剖学

限られた時間の中でも効率よく確実に知識を吸収し、卒業後、即戦力となりうる人材を育てるカリキュラムを揃えています。臨床現場での対応力を育成するために、本校ではスローラーニングの名のもと、講義科目・実技科目ともに、ゆっくりとそして徹底的に基礎から教授します。学問の「問う」の字の通り、「なぜ」、「どうして」と問い続けられる医療人に育つべく、本校で知的好奇心を満たしてください。

(五十音順)