京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

本科 OBメッセージ

本科 OBメッセージ

MESSAGE

2014年卒業

パーソナルトレーニングジム Improve KYOTO 代表

トレーニングと東洋医療の視点から お客様の健康をサポートしています。
私が鍼灸マッサージの知識や技術を習得したのは、運動を通じて体の不調や問題のセルフコンディショニングをサポートするためです。 今は、スポーツジムでトレーナーとして勤務し。運動能力の向上や健康増進、リハビリテーションなどを目標とした方々を中心に、パーソナルトレーニングを提供しています。トレーニングを通じてお客様が健康になり、笑顔になっていただくことがやりがいですが、それ以上にうれしいのは、お客様が体のことに興味を持ち、ご自身の体に対する正しい知識や理解を身につけていただけること。「人が健康人として自立した社会」をつくるために、鍼灸マッサージなどの資格を持つスタッフとともに日々がんばっています。

本科OB1写真1 理論や実践性を考えた本物の指導が、今の仕事に役立っています。

在学中は授業で学ぶ知識だけに留まらず、特別講座を通じて実践的な知識を修得しました。特に臨床実習では実際の患者さんをたくさん診ることができ、自信となりました。また本格的な東洋医療の知識を身につけられている先生方から学べたことで、理論に基づく運動や治療を考え実践する力も身につきました。今の仕事では、健康な方だけでなく、怪我や病気を抱えながらも運動を必要とする方を指導することが多いので、京都仏眼で学んだことが本当に役立っています。

本科OB1写真2

トレーナーであり医療人として、健康やリハビリなどを求める人々に運動指導や治療を行っています。

本科OB1写真3

一般の方向けの運動教室を開催したり、京都マラソンでトレーニングの普及活動なども行っています。

OBだからできるアドバイス
鍼灸・あマ指の知識や技術は、トレーニングと合わせて活用することで予防・改善治療に相乗効果を生み出します。知識や技術の活用次第で、活躍の舞台は本当に多くあると思います。
今後の夢や目標
当ジム拠点に、運動を通じて総合的に人を健康にできる社会づくりを、京都から世界にひろげたいと考えています。

PROFILE

大学で運動指導を学んだ後、スポーツジムでトレーナーとして勤務。体の不調や不安を理由に通う人々を見て、治療の知識や技術が必要だと感じ、京都仏眼に入学。卒業後、パーソナルトレーニングジム Improve KYOTOを開業し、人々の健康づくりや普及活動に努めている。

本

このページを見た人はこんなページも見ています

本科(昼間部)
詳しくはこちら
選科(夜間部)
詳しくはこちら
第1鍼灸科(昼間部)
詳しくはこちら
第2鍼灸科(夜間部)
詳しくはこちら

オープンキャンパス