京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

選科 OBメッセージ

選科 OBメッセージ

MESSAGE

2014年卒業

なかがわ指圧治療院 院長

小児から高齢者まで、体の改善を サポートできるように活動しています。
地元の力になりたいと考え、指圧治療を中心とした治療院を開業。肩こりや腰痛などで悩む方々の治療を行っています。めざしているのは、自然治癒力を高めるための治療。問診を大切にしながら、回復できる体づくりをサポートしています。 近年は障がいを持つ小児の訪問マッサージの話をいただき、関西初となる日本小児障がいマッサージの認定治療院としても活動。培った東洋医療の知識・技術をベースに新しい手技や知識を加えながら、協会の支部長としても活動中です。ひとりの医療人として日々研鑽に努め、老若男女を問わず健康な心と体にできるように励んでいます。

スラッシュ 多くの臨床実習経験と、多彩なキャリアを持つ仲間が成長の礎に。

京都仏眼で何より身についたもの、それは「医療人」としての心がまえでした。授業もテストも大変でしたが、学校のサポートも厚く、仲間と励ましあいながら学びを深めました。特に臨床実習が豊富で、多くの患者さんを診ることができたことは、学ぶ上で本当に役立ったと感じています。また、自身の施術だけでなく、同級生の施術や患者対応を間近で見れたのも参考になりました。幅広い年齢層がともに目標に向かって学んでおり、鍼灸師や柔道整復師などの資格を持っている方もいたことで、さまざまな知識や考え方を身につけることもできました。

選科OBメッセージ1

知識を持たずして治療することの危険性を感じ、生涯勉強を日々意識して自己研鑽に努めています。

選科OBメッセージ2

京都仏眼の出身と知って来られる患者さんもあり、学校や患者さんの期待に応えられるようにがんばっています。

OBだからできるアドバイス
ひとりを笑顔にするということは、その周りにいる家族をはじめみんなを笑顔にするということ。そんな気持ちで向き合うほどにやりがいは増え、さらに勉強しようと前向きになれます。
今後の夢や目標
日本で生まれた指圧治療。日本人の体に合った効果が高いものだということを世の中に伝えていきたい。また小児マッサージに関して、安全な治療の必要性を啓蒙していきたいです。

PROFILE

学校卒業後、会社員として勤務。自身のスポーツへの興味や父親の体の不調から整体の勉強をはじめる。治療をするには資格が必要だと考え、京都仏眼に入学。卒業後は自分を育ててくれた地元に恩返しをしたいと、なかがわ指圧治療院を開院。日本小児障がいマッサージ普及協会、滋賀県鍼灸マッサージ師会、大津鍼灸マッサージ師会所属。

本

このページを見た人はこんなページも見ています

本科(昼間部)
詳しくはこちら
選科(夜間部)
詳しくはこちら
第1鍼灸科(昼間部)
詳しくはこちら
第2鍼灸科(夜間部)
詳しくはこちら

オープンキャンパス