京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

第2鍼灸科(夜間部)

第2鍼灸科
夜間部3年制17:50~21:00

プロの技術をあらゆる人へ。 鍼灸医療の夜間コース。

めざす国家資格

はり師

きゅう師

背景

選科の特徴

鍼灸科の夜間学科として、社会人の方や主婦の方にひろく門戸を開放。はり・きゅうの2療を学びます。実際の患者さんと接する臨床実習では幅広い臨床経験を積むことができます。卒業時には第1鍼灸科同様、「はり師」「きゅう師」の2種類の国家試験受験資格が得られます。

本科写真1

メモ 学びの特徴
第2鍼灸科(夜間部)カリキュラム
1年次から徹底した「はり」「きゅう」の基礎教育を行います。基礎を初期教育の重要な根幹として比重を置いており、将来、幅広い技術に対応可能な鍼灸師を育成することを目的とした学科です。医療人としての謙虚な心、思いやりの心を持ち、どのように患者さんやその家族と向き合うか、また疾患の原因を導き出し、どのように治療するかを学びます。

1年次

社会学
倫理学
生物学
化学
解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ

生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
医療概論経絡経穴概論
東洋医学概論Ⅰ
はりきゅう理論Ⅰ
医療の歴史

手技療法概論
鍼基礎実技
灸基礎実技
臨床演習Ⅰ
取穴実技Ⅰ
はき応用演習

2年次

漢文学
外国語
解剖学Ⅲ
生理学Ⅲ
運動学
病理学概論

臨床医学総論
臨床医学各論Ⅰ
衛生学・公衆衛生学
東洋医学概論Ⅱ
経絡治療理論
物理療法

臨床診断学
鍼灸実技Ⅰ
はき応用実習
臨床演習Ⅱ
臨床実習Ⅰ
取穴実技Ⅱ

3年次

臨床医学各論Ⅱ
リハビリテーション医学
関係法規
臨床経絡経穴学
東洋医学臨床論Ⅰ
東洋医学臨床論Ⅱ
はりきゅう理論Ⅱ
社会はりきゅう学
スポーツ医学臨床論

統合医療概論
総合演習Ⅰ
総合演習Ⅱ
鍼灸実技Ⅱ
鍼灸総合実技
臨床実習Ⅱ
経絡治療
総合臨床演習

進路

在校生の声

VOICE

森田 快

営業職矢印京都仏眼

早くたくさん経験積みたい人にピッタリ!
圧倒的な臨床実習の量が魅力
鍼灸とは全く関係ない営業の仕事をやっているのですが、たまたま鍼灸院で鍼治療を受けたところ、それまでだるかった身体が一気にスッと楽になったんです。施術を受けるまでは鍼治療に対して少し半信半疑なところもあったのですが、実際に受けてみて「鍼一本でこんなに良くなるなんて!」とすごく感動し、「自分でも鍼治療やってみたい!」と強く想い、それ以来鍼灸の虜です。
京都仏眼を選んだのは、実際に患者さんに施術を行う臨床実習が他の専門学校と比べて2倍以上あり、早くたくさん経験を積みたいと思っていた私にピッタリだったからです。
信頼できる先生と頼れる仲間の存在も大きな刺激に。
働きながらでも本物の技術が習得できる。
現在も日中は働いているので仕事と勉強の両立は大変ですが、クラスが少人数制なので、授業で分からないことがあればその場で確認でき、きちんと理解して進むことができています。2週間に1回、復習の時間もあるので、学んだことを一つひとつきっちり落とし込むことが出来るのもありがたいです。
また一般的な専門学校に比べて生徒の年齢層が高く、柔道整復師や看護師など様々な経歴を持った人が集まっているので、クラスメイトとの交流も私にとって大きな刺激となっています。あの日、私が感動した鍼治療の魅力を、たくさんの人に伝えられるよう、これからももっともっと努力していきたいと思います。
POINT京都仏眼のココがいいところ!
働きながらでも専門性の高い鍼灸の技術と知識を確実に身に付けられるカリキュラムが整っているので、安心して勉強に打ち込むことが出来ます。
DREAM将来の夢や目標
まずは病院などに勤務して場数を踏み、35歳までには独立開業したいと思っています!

本科写真

時計一日の流れ

グラフ

  • 6:30起床
  • 7:00朝食
  • 7:30勉強 日中は仕事で勉強時間を長く確保することが難しいので、ちょっとしたスキマ時間を使って勉強するようにしています。
  • 9:00仕事
  • 16:00勤務終了・通学準備
  • 17:50授業
  • 21:00授業終了
  • 21:30帰宅
  • 23:00勉強
  • 24:00就寝

本

このページを見た人はこんなページも見ています

鍼灸・マッサージ科
(本科)(昼間部)
詳しくはこちら
マッサージ科
(選科)(夜間部)
詳しくはこちら
第1鍼灸科
(昼間部)
詳しくはこちら
第2鍼灸科
(夜間部)
詳しくはこちら

オープンキャンパス