京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

第1鍼灸科 OBメッセージ

第1鍼灸科 OBメッセージ

MESSAGE

2014年卒業

美容鍼灸 ハリリア京都 代表

美容鍼灸を通じて、 人々のココロとカラダをきれいに。
自己治癒力を高めて肌を綺麗に改善する鍼灸の魅力に惹かれ、鍼灸師の道へ。京都仏眼を卒業後に東京の美容鍼灸サロンで3年間修行を行いました。 今は地元京都に戻り、美容鍼灸院を開業。これまでに学んだ知識と技術を活かし、得意とするリフトアップに特化した美容鍼と体の全身施術を行っています。お客様で特に多いのは、顔のたるみが気になるという方。「変わったわ」と喜んでいただき、また来てくださったり、友人を紹介してくださると役に立てているんだとうれしくなります。カラダに触れることは、ココロに触れること。心から安心していただける会話や施術でリラックスして頂き、鍼の効果を高められるように心がけています。その結果に心からご満足いただけることが、私の喜びにもつながります。

第1鍼灸科 OBメッセージ1 プロとしての知識、技術、そして意識を学びました。

京都仏眼で学んだのは、「きちんと相手を診ることの大切さ」です。顔や体を見て話を聞き、触って状態を把握し、診療方針を伝える。良いところや足りないところを先生からフィードバックいただいたことが、今もとても役立っています。何となくではなく、プロとしてしっかり学ぶ。国家試験はゴールではなく鍼灸師としてのスタート地点です。校長先生の言葉から鍼灸師として本気で向き合う大切さを学び、今も教訓となっています。

第1鍼灸科 OBメッセージ2

卒後研修には毎回参加。第一線で活躍する先生方の治療法や考え方がとても役立っています。

第1鍼灸科 OBメッセージ3

クラスメイトとは今も連絡を取り合っています。外部のセミナーで仏眼の卒業生と会うこともあり、何かと心強いです。

OBだからできるアドバイス
卒業後もずっと勉強です。一人でやっていると教えてもらう機会が少ないので卒後研修を活用してみてください。治療法だけでなく、経営に関することなど、いろんなことが学べますよ。
今後の夢や目標
鍼灸は「痛そう、怖い、古い」といったイメージがありますが、美容鍼灸を入り口に、鍼灸の効果が注目されるきっかけになればと思っています。

PROFILE

自身がアトピーで悩んでいた時に鍼灸と出会い、自然治癒力により肌が綺麗になったことをきっかけに鍼灸師になることを決意。卒業後は東京でも人気の美容サロンで修行。現在は地元京都で美容鍼灸 ハリリア京都を開院。リフトアップに特化した美容鍼灸施術を行っている。

本

このページを見た人はこんなページも見ています

本科(昼間部)
詳しくはこちら
選科(夜間部)
詳しくはこちら
第1鍼灸科(昼間部)
詳しくはこちら
第2鍼灸科(夜間部)
詳しくはこちら

オープンキャンパス