京都仏眼鍼灸理療専門学校には「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の国家資格取得を目指せる4つの学科があります。

オープンキャンパスオープンキャンパス 資料請求資料請求 お問い合わせお問い合わせ

第1鍼灸科(昼間部)

第1鍼灸科
昼間部3年制11:00~16:10(週に 1・2日 13:00~)

自然治癒力を高める、 世界が認める医療技術。

めざす国家資格

はり師

きゅう師

※あん摩マッサージ指圧師においては「Wライセンス」システムを設置しています。

背景

選科の特徴

医療・福祉分野だけでなく、スポーツ界やエステ・美容業界からも注目を集める鍼灸治療。人が本来持つ自然治癒力や免疫力を活性化させる、はり・きゅう2療を3年間かけてじっくりと学習。「はり師」「きゅう師」の2種類の国家試験受験資格が得られます。

本科写真1

メモ 学びの特徴
第1鍼灸科(昼間部)カリキュラム
1年次から徹底した「はり」「きゅう」の基礎教育を行います。基礎を初期教育の重要な根幹として比重を置いており、将来、幅広い技術に対応可能な鍼灸師を育成することを目的とした学科です。医療人としての謙虚な心、思いやりの心を持ち、どのように患者さんやその家族と向き合うか、また疾患の原因を導き出し、どのように治療するかを学びます。

1年次

社会学
倫理学
生物学
化学
解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ

生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
経絡経穴概論
東洋医学概論Ⅰ
医療概論
はりきゅう理論Ⅰ

はり基礎実技
きゅう基礎実技
臨床演習
医療の歴史
取穴実技Ⅰ

2年次

漢文学
外国語
解剖学Ⅲ
生理学Ⅲ
病理学概論
臨床医学総論

臨床医学各論Ⅰ
臨床医学各論Ⅱ
経絡治療理論
物理療法
東洋医学概論Ⅱ
臨床診断学

鍼灸実技Ⅰ
鍼灸総合実技Ⅰ
臨床実習Ⅰ
取穴実技Ⅱ
課題研究

3年次

運動学
衛生学・公衆衛生学
臨床医学各論Ⅲ
臨床医学各論Ⅳ
リハビリテーション医学
関係法規
はりきゅう理論Ⅱ
はき応用実習
経絡治療
スポーツ医学臨床論

医療経済学
臨床経絡経穴学
東洋医学臨床論Ⅰ
東洋医学臨床論Ⅱ
東洋医学臨床論Ⅲ
社会はりきゅう学
鍼灸実技Ⅱ
鍼灸総合実技Ⅱ
臨床実習Ⅱ
統合医療概論

進路

在校生の声

VOICE

西尾 咲

医療専門学校矢印柔道整復師矢印京都仏眼

鍼灸治療の効果に 興味を持ち、自分の技術とするため京都仏眼へ。
柔道整復師として5年ほど整骨院で勤務。スポーツの現場で鍼灸師が施す治療の即効性に興味を持っていました。私もその技術を取得したいと思い専門学校時代の先生から京都仏眼のことを教わり入学しました。 午前中は柔道整復師として働き、昼から学校に来て学ぶ毎日。京都仏眼には社会人経験者が多く、元公務員の方から看護師、柔道整復師などの同級生や先輩からいろんな話を聞くことができます。また少数制でアットホームなので、楽しく学ぶことができています。
一人ひとりと向き合う 丁寧な指導。豊富な実技で 治療の幅をひろげたい。
スローラーニングの名の通り、授業はゆっくり丁寧で、いつも最後に今日学んだことを確認してくれます。また、わからない部分があれば、先生方は、授業後も教えてくれますし、授業外での質問にも笑顔で応えてくれます。一人ひとりと向き合った指導のおかげで、着実に知識や技術が身についています。 いま楽しみにしているのが、2年生からはじまる臨床実習です。早くスタートできる分知識や技術をたくさん身につけ、治療の幅をひろげられるようがんばりたいと思います。
POINT京都仏眼のココがいいところ!
医療現場で必要な清潔感が、校内から伝わってきます。髪型や身だしなみにも厳しいのですが、医療人を育てる学校としての規律が感じられます。
DREAM将来の夢や目標
まずは鍼灸師の資格をとって、柔道整復師の資格とあわせて治療の幅を広げていくことです。

本科写真

時計一日の流れ

グラフ

  • 6:40起床・朝ごはん・準備
  • 7:30通勤
  • 8:30整骨院で仕事
  • 11:00通学
  • 12:40昼ごはん
  • 13:00授業
  • 16:10授業終了
  • 19:00帰宅
  • 20:00夕ご飯・勉強
  • 24:00就寝

本

このページを見た人はこんなページも見ています

本科(昼間部)
詳しくはこちら
選科(夜間部)
詳しくはこちら
第1鍼灸科(昼間部)
詳しくはこちら
第2鍼灸科(夜間部)
詳しくはこちら

オープンキャンパス